外資系金融マンの読書ブログ

外資系金融マンの読書ブログ。読んだら3倍考えるビジネス書評ブログ出張版。読書の要素はあまりない。

Read 500 pages every day.

That's how knowledge works. It builds up, like compound interest.

VALUとfacebookが示唆する日本人の承認欲求と幸福度

かつての承認欲求はいまほど大きかったのだろうか

VALUが表す承認欲求の肥大化

少し前から、VALUというSNSが流行っている。

時価総額などというキーワードがあるから投資の対象になるのかと思ったが、金融的な仕組みはほとんどないように感じた。どちらかというと、寄付ツールであるEntyなどに近いサービスだ。

Entyと比べると、特に理由なく寄付を募れることと、エグジットがいちおう可能なことの2つの違いがあるように見える。

1つ目の点に注目すると、かなり純粋に承認欲求を追求するツールとなりうる。2つ目の点は寄付を募る側にはあまり関係ないのではないだろうか。(buybackなどがあるのかは知らないが)

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説(6段階説)にはいろいろ異論もあるのだが、個人的にはそれなりに妥当な仮説であると思う。

ご存知の方がほとんどだと思うが、6段階について簡単にまとめる。

  1. 食欲・性欲・睡眠欲の3大欲求

  2. 身の安全にかかわる欲求

  3. 愛され所属する欲求

  4. 承認・自尊の欲求

  5. 自己実現の欲求

  6. 自己の超越

数字の若いほうから順に、ある欲求が満たされると次の欲求が生じるという仮説である。4つ目の承認欲求を満たそうとする人は、1~3つ目の欲求は満たされているということだ。

正確な意味については調べればいくらでも出てくるので、ここでは私なりの解釈を含めながらまとめたいと思う。

1つ目と2つ目は「ヒト以外も持つ欲求」だと考えている。あまりにもベーシックな欲求なので直感的に理解できる。

3つ目の “love and belonging” は社会的欲求ともいわれる。「つながりの欲求」と解釈して問題ないと思う。

4つ目は尊敬・承認への欲求であるが、必ずしも尊敬・承認される必要はなく、尊敬・承認されていると思いたい欲求だろう。

5つ目は、他人からどう思われるかよりも自分がどう思うかを重視する高次の欲求である。

最後の自己超越についてはあまり語られることがないのだが、5つの欲求をすべて満たすと、人間は自分のためではなく社会のために生きるようになるという仮説である。ゲイツやバフェットが慈善活動をしているのは偶然ではないということだ。ちなみに、ベゾスは自己実現のために火星を目指している。

日本では「つながり」よりも「承認」が求められる

facebookも「いいね!」による承認欲求を満たすツールとは言われるものの、どちらかといえばザッカーバーグが言うように「つながり」のためのツールだ。

アカウントごとにある種の人格を作って運用されがちなTwitterは、facebookと比べると「つながり」よりも承認を求める側面が強いように思う。

くだんのVALUはより承認欲求を満たすことに特化している。

海外では「つながり」を求めるツールのほうが流行し、日本では承認欲求を満たすツールのほうが話題になりやすい傾向があるように思う。

また、愛や所属についても同じことが言える。

日本の大学はアルムナイ組織が比較的弱い。たいして強くない慶應義塾の三田会ですら圧倒的と言われてしまうレベルだ。所属に対する欲求があまり高くないということだろう。

愛に対する欲求も高くない。日本の婚姻率は高くないが離婚率は低くない。軽く調べても出てこなかったが、再婚率は他国より低いイメージがある。世界中で最もアニメやゲームの文化が発達しているのは日本だと思われるが、これも偶然ではないだろう。

こう考えていくと、他国が「つながりの欲求」を議論している一方で、日本人は承認欲求や自己実現などのより高次の欲求がよく議論されているように思う。

日本人は働くのが嫌いであまり働かない国民性だといわれるが、これも要するに所属への欲求・社会的な欲求が低い(満たされている)ことの表れとも解釈できそうだ。

ただし、かつての日本では社会的欲求が重視されていた

しかし、団塊世代と呼ばれる人たちの話を聞くと、社会的欲求がきわめて高いと思わされることが多い。

大切なのは社会的成功であり、家庭の安泰であり、日本への帰属意識だといわんばかりの考えを持っている人によく出くわす。

自分のやりたいことをやるという高次の欲求には多かれ少なかれ懐疑的で、同調圧力が極めて大きい。

こう考えると、少なくとも団塊世代では承認欲求よりも社会的欲求が強かったのではないかと思えてくる。

いまの若い世代はどうだろうか。脱ゆとり世代と呼ばれる2000年前後に生まれてきたような子供たちは、子供ながらにしてすでに社会的欲求を満たしているようにすら思える。

尾崎豊が学校と戦っているさまを見て「いやなら登校しなきゃいいじゃん」といい、結婚をコスパが悪いと表現し、将来の夢はYouTuberである。

少なくとも、かつてと比べてずいぶんと高次の欲求が議論されているように見えるのだ。

日本人が幸福ではないのは強欲だからか

さて、日本人の幸福度はあまり高くないことで有名だが、欲求5段階説という視点で見てみると、日本人はかなり満たされている部類に思われる。

満たされがちな日本人が幸福に感じていないのはなぜだろうか。

1つには、日本人の貪欲さがあげられるのかもしれない。しかし、それだけではないようにも思える。少し考えてみたがそれらしい結論には至れなかった。

客観的には満たされている日本人の幸福度が低い理由を考えてみれば、日本人の幸福度の改善へのヒントが得られるような気がしている。