外資系金融マンの読書ブログ

外資系金融マンの読書ブログ。読んだら3倍考えるビジネス書評ブログ出張版。読書の要素はあまりない。

Read 500 pages every day.

That's how knowledge works. It builds up, like compound interest.

Netflixが流行ってるから村田製作所が買いかな

MVNOにストレスがたまり気味: すごく雑な5G通信の影響についての考察

技術の進歩とヒトの進歩

キャリアと格安SIM、AndroidとiPhoneをいずれも使っているのだが、やはりMNO・iPhoneのクオリティは高い。MVNOは通信速度が怪しいから、重いサイトなどは見たくないし、音楽のストリーミングサービスなども使う気になれない。

しかし、通信規格がアップデートされれば別ではないかと思う。そして、技術は勝手に進歩するが、人間の目はそれほど進化しない。

技術が進歩したからといって4kと8kの差がわかるわけではなく、4.7インチのディスプレイではFullHDとWQHDの区別がつかないという事実は変わらない。

通信速度があがってもbpsが増加するから快適さは変わらないというような話ではなく、bps固定で通信速度があがるから快適さが増すだろう。

つまり、通信規格がアップデートされればFulHDあたりの動画が積極的にストリーミング視聴されるようになると思われる。

今後10年でモバイルのデータ通信量が1,000倍になる

らしい。

通信業には詳しくないのだが、どうやら通信量が1,000倍になると消費電力も1,000倍になるとかそういうイメージらしい。正比例なのかは知らないが、通信時間などよりも通信量に影響を受けやすいという話だ。本当か嘘かはわからない。

通信量が増えても通信料は比例的には伸びていかない(シャレじゃないが)。しかし、通信量が増えると消費電力は比例的に伸びていくというのだ。

通信が高品質化するとNetflixが(中略)村田製作所

Netflixはやはり流行っているらしい。スマホで使う人も多いのかな。移動体通信の規格がアップデートされればNetflixはさらに繁栄するのではないだろうか。

いまの株式市場ではFANG(Facebook, Amazon, Netflix, Google)が成長銘柄と呼ばれているし、おそらくNetflixはしらばく好調なのだろう。

この流れでデメリットを被る部分もある。通信量にあわせて消費電力が伸びていけば、バッテリーが持たない。iOSはメモリの効率がよく電力効率もよいが、Androidはそうはいかない。

Chromeもメモリ効率や電力効率が良くないので、おそらくGoogleには電力効率を抜本的に改善する気がない。したがって、通信量が増えて困るのはAndroid端末のメーカー、具体的にはSamsungやHuaweiあたりだろうか。

論理が飛躍気味だが、回線が改善されてNetflixなどが移動通信体で使われるようになると通信量が増えて、主にAndroid端末のバッテリーが悲鳴を上げる。そうすると、Androidのバッテリーを供給しているメーカーにとってはおいしい話になる。

少し前、Samsungがバッテリー発火の事件の直後に村田製作所に対して「リチウムイオンバッテリーの供給をする気はあるか」と尋ねていたというニュースがあった。さて、日本の電子部品メーカーが、Netflix成長の恩恵をあずかれる可能性が出てきた。